マネジメントの購入ならココのお店 2017年度 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

漫画と違ってなかなか内容が難しいです。行政機関にこそしっかりしたマネジメントが求められている今、そういう方たちに是非読んでもらいたいと思いました。最近TV番組でよく見られる、不況の中で成功した事業者の事例は、こういうところにその理由があったのかと、読みながらなるほどと思うところばかりです。

4月30日 オススメ商品!

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

マネジメント ピーター・ファーディナンド・ドラッカーマネジメント [ ピーター・ファーディナンドドラッカー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

そういう意味で、自分が置かれている状況によって異なる読み解きかたができるので何度も読み返すとより良い本なのではないかと思います。知る人ぞ知るドラッガーです。マネージャには!やっぱり「必読の書」だと思われます。「もしドラ」から、こちらへ辿り着きました。何度も読むことで、身になる本だと思います。じっくり読まなくてもとばし読みしながら!自分に必要なところを読み!気づく・考える機会を与えてくれます。お薦めですよ。翻訳本はすんなり理解できないので好きではないのですが!こちらは!ドラッカーをよく理解した方が翻訳しているので!わりと日本語としてはわかりやすいです。かなり前に話題になった本が!最近のTVの読者番付で上位に入っていたので読みたくなり購入。もともと1970年代に発行され!時代が変わっても読み続かれていること自体驚かされます。何度も繰り返し読むタイプの本だと思い、購入しましたが間違いありませんでした。結局はドラッカーの「マネジメント」に帰するところがありますね。時々!読み返したいと思います。マネジメント流行りですが、本家が書いた本を今更ながら買いました。仕事で行き詰っているときにヒントがもらえる本という印象です。とはいっても!内容は簡単ではないので!寝転がりながら軽く読めるものはなかったです。仕事の現場で実践として役立てるのには難しいですが!知識としては読んで損はない本だと思います。特にマネジメントに係わりの無い方でも、仕事や業務といった事に興味があればお薦めできる一冊です。もしドラを読んで購入を決意しました。かなり以前ですが「ダイヤモンド社のハーバードビジネス」を購読していたので、すんなりと入れましたが、初心者にはそれなりに「重たい内容」でしょうね。自己啓発のために買いました。ただ翻訳がちょっと読みにくいと感じるところがありました。内容が難しいです。原理原則の話なので、自分の抱えている案件、実在のマネージャーなど想像して当てはめながら読んでいくと理解が深まると思います。それでも漫画よりもこちらを購入してよかったです。「もし女子高生マネージャーが・・・」を読んで購入しました。文章も読みやすく分かりやすい内容だと感じます。それは訳者さんのせいではなくて!おそらく日本語にしにくい概念を日本語にしているためと思われます。ですが「論語」とか「帝王学」とかの類と同じ「原理・原則」が表現されているものですから!決して無駄にはなりませんよ。2度!3度読んで理解する必要があるかなと思いました。少しでも「マネジメント」「組織論」に興味がある方は!原理原則を分かりやすい形で教えてくれるドラッガーの本を是非!手にとって読んでみてはいかがでしょうか。もしドラは!図書館等で借りて読んでも良いですが!この本は持っている方が良いと思います。「エッ? なになに?」と何度もページをいったり来たり。それだけマネジメントの「基本と原則」ということかと思われます。英語で読んだほうがすっきり分かりやすいかもしれません。行政改革といいながら全然進まない公的組織の無駄。例えが日本外なのでわかりづらいですが、内容は納得させられることばかり。その根気はありませんが…。まあ!理解しきれない部分が多いと思いますが・・。現在、管理者で人を動かさなければならない立場にあるため、役にたちそうです。そのドラッガーの大部の著作「マネジメント〜課題・責任・実践〜」の重要な部分を抜粋したのが、この本です。私は、現在、知人から「エンパワーメント成功の方法」(ダイヤモンド社)というタイトルの本を借りて読んでいますが、これはかなり難しい表現で内容も難解ですが、言いたいことは「個の成長と尊重」と、それを「チーム化」して成果をあげるという方法にエンパワーメント(権限委譲)を使うことが効果的であるという内容です。。もしドラを読んで!原本をきちんと読む気になったのでエッセンシャル版を購入しました。エッセンシャル版という事もあり!とてもスマートな内容で分かりやすいと思います。「もし、高校野球の〜」を読んで、その勢いでこの本を購入しました。少し、難しい内容もありますが、何度読んで新しい発見がある本です。若い人を含め!ビジネスに携わる人すべてにお薦めですが!若い人は!(題名からは順番が逆のようですが)同著者の「経営者の条件(THE EFFECTIVE EXECUTIVE)」を読んでから読まれると一層読みやすと思います。ビジネスマンは読んでおいたほうがいい原理原則が書かれていると言う感じです。マネジメントとは何かを知るためには一読すべき本です。なんといっても「エッセンシャル版」であること、ハードカバーでないことがいい。まだ!読み切れていないですが!読みやすい本です。