読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想を!ハローワークを買うならココ~!

中学の娘のためにかいましたが!大人が読んでもなかなかおもしろい本です。世の中の仕事がどんなものがあるか、好きな教科から仕事を探すなど分かりやすいと思います。子供の高校での推薦もあり購入しました。

4月30日 おすすめ♪

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

ハローワーク13歳のハローワーク [ 村上龍 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

13歳の子が読むのに丁度いい感じかと思います。よかったです。クリスマスプレゼントとして購入しました。国語が好き!興味がある〜社会!数学!理科!音楽!美術!技術家庭科!保健体育!外国と!道徳!休み時間・放課後・学校行事!何もすきじゃない・何も興味がないとがっかりした子のために! と大きく項目が分かれています。今年6年生になる娘用に買いました。正直なところ!そんなにすぐになりたい職業が見つかったら苦労はしませんよね。〜〜〜〜〜〜すべての職業を親は知りえませんし!子どもが何に向いているかということをお互い話しながら模索する時期にこの本はとても助けになると思います。その時期がいつになるかは個々に異なると思いますが、少し高めの本ですが、手元に置いていて、少しずつその職業について親子で話すのもいいと思います。内容ですが…なかなか充実しています。受験生なのですが、進学先によってその後の進む道も変わる為、本人なりに色々と悩んでいるようなので、少しでも考える手助けになればと思い購入しました。今後何年か子どもと将来を話し合い!今後どのように進むかということを考える手助けになると思うと!決して高い買い物ではないでしょう。さまざまな仕事の長所や短所、問題点などもあり、親も考えさせられました。総ページ数561ページいっきに読むのは無理です。仕事柄購入しましたが、私自身も面白く読んでいる最中です。職業を知り!自分の適性を探る入門書。そして!それに向かって何を勉強するべきかの指針になります。世の中には!こんなにいろんな職業があるのだと改めて気づかされる内容です。〜〜〜〜〜〜それでも!すべての子どもや若者は!どうにかして!しなないで!生きのびていく必要があります。本物のハローワークと違って、これは本なので「自問自答」して「試行錯誤」するためのものですから、たしかに情報も膨大で幅広いです。職業については、必要かつ最低限のことが的確に記載されていると思います。この改訂版が、そのための何らかの参考になれば、著者としてこれほどうれしいことはありません。気軽に読むと大人でも楽しめる本だと思います。表紙や挿絵がやさしいタッチで、肩ひじ張らずに手に取れると思います。だまされないように、好奇心をつぶされないように、いろいろなものに積極的に興味を示して、子どものころは「好きなこと」に、成長したら「自分に向いている職業」に、出会うことができたらと思います。これから進路を決める甥っ子にプレゼントしました。テスト前なので、今は読むのを中断してますが、テスト後読みきってほしいです。この本に書かれた職業に就くための具体的な手段については、「13歳の進路」という本に書かれています。〜〜〜〜〜はじめにの項目の最後の著者の言葉が心に響きます。村上さんが平易な言葉で率直に分かりやすく記述しています。大人が読んでも面白かったです。なかなかなりたい職業が見つからない娘のために購入しました。中には職業とは言いがたいものもあるので「生業」と言った方が良いかもしれません。いろいろなジャンルの職業が紹介されていて娘は興味のある所から拾い読みしているようです。姪の誕生日のプレゼントに購入。。どうしたら(進学先!資格)その職業に就けるのかも簡単に触れていて!子どもにとっては十分な情報量なのではないかと思います。国語が好きな子は!こんな職業があるよーなど!好きな教科によって!色々参考になります。興味のある分野だけ読むかだと図書館等で借りて読めると思いますが!すべてを読むには何回か借りる必要があると思います。優しさとほろ苦さいっぱいの読本です。買うほどのものかなあ…と悩みましたが!じっくり読めるので購入を決めました。オールカラーでこれだけのページ数でこの価格は良心的だと思います。そんな中、この本は職業事典のような参考書として、子供の手元に置いておくと良い一冊だと個人的には思える本でした。時代の変化とともに!新しい職種も取り上げられており!現代社会を知る一冊とも言えそうです。親が子供の社会的成功や安定を願うことは当然ですが!子自身が何よりその仕事が好きで!使命感をもって個性を発揮できることが大切と!読後にあらためて感じました。焦らないこと、でも将来を考えることのきっかけを作れるように、どの子も諦めなくていい作りになっています。どんな仕事にも光と影があります。本の内容としては!7割がた予備知識として知っていたようですが!新たに知り得たことや!改めて思考したことにより!少し方向性を見出したようです。こちらは姪の母親にプレゼントしました。でも!将来のことを考え始める中学生にとって!限られた視野の狭い情報は!可能性や夢をしぼませてしまうのではないでしょうか。なお、本自体は大きめでがっしりとしており図鑑のような感じです。読んでみて失敗したと感じるかどうかは人それぞれでしょうし!今の時代は知りたいと思えばいくらでもインターネット等を通じて!調べる手段はいくらでもあると思います。最近になり色々な仕事に興味が出てきているみたいで丁度良かったです。「この本を読んでも好きなものがない」子どもに対してのページもあり!配慮を感じます。今どきの仕事も載っていて!良かったです小三の息子に仕事を説明するのに!前から気になっていた本誌が「新」になっていたのもあり!買ってみました。おススメです☆中学生の子供に買いました。面白い項目分けだと思ったのは、教科ごとに職業が分類されていること。内容はザックリした内容で、高校生が進路を考えるには少々物足りない感じでした。実に多くの仕事のおかげで、私たちの生活が支えられていることが分かります。興味がある分野から仕事を見ていくことができ!なかなか豊富な情報量で!大人も知らないものがいろいろありました。著者が作家(村上龍)さんなので参考書的な感じがなく、様々な職業をフラットな眼で紹介しています。だから!興味のあるところをじっくり読んで!たくさん考えれば良いのではないかと思います。中学一年の息子の為に購入しました。題名が「13歳」なのですが、ターゲットの中学生以外にも、高校生や大人にもお勧めしたい本です。